2019年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019/01/27

HGUC RX-78-XX "GUNDAM PIXY"

1/144 HGUC RX-78-XX ガンダム・ピクシー 改造塗装済完成品 を出品致しました。

Rx78xx_00
--
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g327327189
--

Rx78xx_01Rx78xx_03Rx78xx_05

Rx78xx_06Rx78xx_07Rx78xx_08

1/144 HGUC RX-78-XX ガンダム・ピクシー を改造作成致しました。

主な改修は以下
・V字アンテナのシャープ化
・フェイス部をシェイプ
・肩部スラスターをマテリアルパーツとプラ角棒で製作
・銃口にICソケット
・各部のシャープ化
・各部モールド彫り直し
・パネルライン処理
・各部センサーにラピーテープ貼り付け

詳細画像、その他製作品などはGALLERYにて公開中。

[主な作業内容]
・ゲート処理、後ハメ加工、改修、彫りこみ、接着、合わせ目消し
・表面処理は400~1000番でペーパー掛け後、1000番グレーサフ(エアブラシ)
・塗装内容は以下(主にエアブラシ、細部及びリタッチは筆)
 ホワイト部:ファンデーションホワイト塗布
 ブルー部:ブルーFS15050
 レッド部:キャラクターレッド
 イエロー部:キャラクターイエロー塗布
 グレー部:メカサフヘヴィ、ジャーマングレイ、ダークグレイ、ミディアムグレイ
 パープル部:ガイア・ダグラムカラー・グレーバイオレット
 シルバー部:ブライトシルバー
 スラスター内部:クリアーレッド
 
・デカール
 ガンダムデカール、RBコーションデカール(ホワイト&オレンジ、レッド)、Vertex System Marking(ホワイト、レッド)を使用
・スミイレ
 ダークブラウン、ブラック
・トップコート
 スーパークリア艶消し+フラットベースをエアブラシ塗布
--
HGUCガンダム・ピクシー、初プレバンです。
どうしても欲しいキットだったので致し方ありません。
直販が当たり前になるんですかねー。時代の流れですかねー。

それはともかくキットは機体通りの出来で文句なしです。
パッケージとマニュアルがプレミアムでないのが残念で仕方ないです。

シンプルな装備でマッシブなスタイリングが堪らなく良いです。
再販されたら、間違いなく再購入します!!
ホント楽しいキットでしたよ!

装備と機体特性的にアムロは乗らないだろうなーって機体仕様ですよねー。
ま、乗ったら乗ったで鬼神な乗り方するんでしょうが。www

サブマシンガンの銃口にはICソケットを接着し、
ビームサーベルは最近覚えた蛍光色のグラデーションです。
マジで良い輝きになるんでビームサーベルには必須な塗装だなと。

つことで新しいことを取り入れつつ、今年は自分が好きな機体を中心に作っていこうと思います!

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

Rx78xx_00
--
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g327327189
--

HGUC ガンダム・ピクシー






HGUC RX-78-XX "GUNDAM PIXY" [03]

HGUC ガンダム・ピクシーの製作作業です。

Rx78xx_18

作業内容は以下
・各部をダークグレイ、ジャーマングレイ、ミディアムグレイにて細部塗装
・スラスターにブライトシルバー塗布
・スラスター内部をクリアーレッドにて細部塗装
・肘▽マーク、足裏スラスターをブライトシルバーにて細部塗装
・各部をダークブラウン、ジャーマングレイにてスミイレ
・デカール貼り付け
・艶消しトップコート+フラットベース塗布
・ラピーテープ貼り付け
・サブマシンガン銃口にICソケット貼り付け
・ビームサーベル刀身の整形⇒蛍光ピンクをグラデーション塗布

ガンダムピクシー完成です!
ビームサーベルの塗装を最近、覚えた蛍光カラーでのグラデーションを施し、その効果に悦に入る。
E.F.Fマークも新ブルーのデカールでカッコイイのが公式で出てるからね。
ああ、ガンダムデカール、もうちょっと手に入れ易くならんもんかのー。

完成して大満足!

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HGUC ガンダム・ピクシー





HGUC F91 "GUNDAM F91" [03]

HGUC ガンダムF91の製作作業です。

20181119f91_01

作業内容は以下
・各部の再表面処理⇒ホワイトサフ塗布、グレーサフ塗布
・ホワイト部にファンデーションホワイト塗布
・レッド部にキャラクターレッド塗布
・イエロー部にキャラクターイエロー塗布
・グレー部にメカサフヘヴィ塗布
・各部をマスキング⇒ブルー部にキャラクターブルー塗布
・調色済オレンジイエローにて細部塗装
・各部をダークグレイ、ジャーマングレイ、ミディアムグレイにて細部塗装
・カメラアイをくださいブルーにて細部塗装
・各部をジャーマングレイ、ブラックにてスミイレ

ほぼほぼの塗装が完了!
ホント良いキットだよー。
塗り分けが多い感じだけど、作業はし易い作りだし。

他の機体と並べたい!頼むからHGUCでベルガ・ギロス、デナン・ゾンを出して!!!

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HGUC ガンダムF91






HGUC RX-78-XX "GUNDAM PIXY" [02]

HGUC ガンダム・ピクシーの製作作業です。

20190101rx78xx01

作業内容は以下
・肩スラスターをマテリアルパーツとプラ角棒で製作
・各部の掘り込み直し
・各部の再表面処理⇒ホワイトサフ、グレーサフ塗布
・グレー部にメカサフヘヴィ塗布
・ホワイト部にファンデーションホワイト塗布
・ブルー部にブルFS15050塗布
・バイオレット部にガイア・ダグラムカラー・グレーバイオレット塗布
・レッド部にキャラクターレッド塗布
・イエロー部にキャラクターイエロー塗布

シンプルな機体なのでサクサクと作業は進みます。
作業し始めると進捗は良いんですよねー。

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HGUC ガンダム・ピクシー





HGUC F91 "GUNDAM F91" [02]

HGUC ガンダムF91の製作作業です。

20181229f91_01

作業内容は以下
・V字アンテナのシャープ化
・ヴェスバーの後ハメ加工
・各部シャープ化、掘り込み直し
・合わせ目接着、パネルライン処理
・各部の表面処理

後ハメ加工、ちゃんとしたのは久々にやった気がする。。。。
久々だと楽しいね。

さあ、塗装を頑張って行きましょう!

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HGUC ガンダムF91





HGUC F91 "GUNDAM F91" [01]

HGUC ガンダムF91の製作作業です。

20181102f91_01

シーブック役、バーニィ役の辻谷耕史さんの訃報を受けて製作を開始。
ああ、あの声が新しくもう聴けないなんて!
声優さんは早逝が多過ぎるよ…。

F91、逆襲のシャア以降のガンダムの新しい時代を担っていくはずだったのですが、時代が御大ついて行けてなかったですね。。。
映画以降をTVアニメ放映で観たかった。

キットは何となく中途半端な再現だったのに比べ、文句なしな感じですね。
気になる点は、F91のカメラアイって水色系だったよね???
何でHGUCはライトグリーンになってるの?!?!

まあ、それはともかく、こちらも楽しんで作って行きまーす!!

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HGUC ガンダムF91





HGUC RX-78-XX "GUNDAM PIXY" [01]

HGUC ガンダム・ピクシーの製作作業です。

20181102rx78xx01

作業内容は以下
・素組
・V字アンテナのシャープ化
・フェイス部のシェイプ
・各部後ハメ加工、パネルライン処理、合わせ目接着
・各部の表面処理

プレバンは買うまいと頑なに抵抗していたのですが、
ガンダム・ピクシーの発売により、それは崩れました。
時代は移り変わり、ガンプラは小売店、量販店で買うものではなくなっていくのかもしれません。

まあ、それはともあれ、買ったからには発売されたことを素直に悦び楽しんで作ります!

マッチョなスタイリングは希望通りですよ。
可動は良いし、シンプルな装備もしっかり再現されてるし、エフェクトついてるし。

不満はキットそのもではなく、箱と説明書ですよ!
プレミアムって付けるなら、そこもプレミアムにしろよ!!!

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HGUC ガンダム・ピクシー





« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

Twitter