2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017/07/18

HGUC RX-79BD-1 "BLUE DESTINY UNIT 1" [03]

HGUC ブルーディスティニー1号機の製作作業です。

20170718rx79bd01

作業内容は以下
・各部の再表面処理⇒グレーサフ、ホワイトサフ塗布
・グレー部にメカサフヘヴィ塗布
・ブルー部にキャラクターブルー塗布
・濃ブルー部にブルーFS15050を塗布
・バックパックにネービーブルー塗布
・顎にキャラクターレッド塗布
・カメラ内部にシルバーリーフ塗布

基本塗装完了。
ブルーは落ち着いた青に。
ちゃんとツインアイっぽくなったので満足。
配色の関係でディテールが目立たない。。。orz

では細部塗装等仕上げに作業をしていきましょう。

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HGUC ブルーディスティニー1号機








2017/07/13

HGUC RX-79BD-1 "BLUE DESTINY UNIT 1" [02]

HGUC ブルーディスティニー1号機の製作作業です。

20170713rx79bd01_220170713rx79bd02

作業内容は以下
・首の接続部のダボを切って二重関節化
・コクピットハッチにプラ板貼り付け
・胸部にモールド彫り
・胸部、肩アーマー、腰アーマー等にドリルでモールド彫り
・足甲アーマーの後ハメ加工、合わせ目接着⇒表面処理

申し訳程度のディテールアップを実施。
さー、サクサク表面処理してサフ吹いて塗装しよー。

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HGUC ブルーディスティニー1号機







HGUC RGM-79C "GM TYPE C" [02]

HGUC ジム改の製作作業です。

20170713rgm79c01

作業内容は以下
・各部の再表面処理⇒グレーサフ、ホワイトサフ塗布
・武器、関節部等グレー部にメカサフヘヴィ塗布
・胸部、スリッパ、シールド等濃ブルー部にブルーFS15050を塗布
・コクピットハッチ、股間V字モールド等レッド部にキャラクターレッド塗布
・胸部ダクト等イエロー部にキャラクターイエロー塗布
・カメラ内部、メインバーニアにシルバーリーフ塗布
・頭部、手足等、シールド外縁部にセールカラー塗布

うーん、日々更新したいのだが、、、時間の経過が早い。
手は動かしているので基本塗装完了。
ブルーの製作作業の合間にサクサクと細部塗装して行きましょう。

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HGUC ジム改







2017/07/07

HGUC RX-79BD-1 "BLUE DESTINY UNIT 1" [01]

HGUC ブルーディスティニー1号機の製作作業です。

20170706rx79bd0220170706rx79bd03

製作作業は以下
・各パーツの大まかな表面処理⇒仮組
・合わせ目の接着⇒表面処理
・バイザーの形状変更にてツインアイ風に改修

陸ジムの流れに乗り、HGUC最新フォーマットでブルー1号機が出てしまう前に罪を消化することに。

頭部はやはりツインアイ風に改修を実施。
これだけで、めっちゃかっこよくなるからね。

陸ジムと並べてみても、あまり古臭さは感じないよなー。

して以下は、オッサンの愚痴です。

ブルーは出来悪くないのに何でまた出すんだよー。
イフリート改はプレバン送りだし。
ブルーを小売で買って、わざわざプレバンでイフリート改を買うもんかね?

バンダイはオッサン達はただの金蔓としか思ってないのかもね。まあ、確かに金蔓だけどさ。
金蔓と思っているのなら、金蔓たちの満足度を高めるように努力してくれなくちゃー。
出したらOKはナメているでしょ。

プレバン方式、ユーザつーか、オレには何のメリットもないんだよね。
好きなときに買えないし。
パッケージも説明書もプレミアムじゃないし。

ユーザの満足度を無視すると、今の時代、あっという間に冬の時代が来るよ。
まあ、オレは作ろうと思うキットは、芯になるキットが出ているから問題ねーけどさ。

オッサン達を金蔓扱いするなら、デザインはオッサン達を無視できないでしょ。
子供や若年世代をターゲットにするならプレバンは論外な販売方法でしょ。

ガンプラ売りたいなら、プラモ作る人が増える販促をしないとダメなんじゃないのー?
サッカーとかスポーツみたいに啓蒙活動したほうが良いと思うんだけどなー。

一番の販促ツールの映像作品がユーザニーズを置いてけぼりの作品ばかりだしねー。

どーすんのよバンダイ!
オワコンっつて、国内向けは終わりにすんの?

そりゃ市場も小さくなりますわ。

ふみな系、ベアッガイ系で裾野を広げるためにやってるつもりなんでしょーが、そもそもメインコンテンツになり得ないでしょ?
MS少女とか、ちょっとした背徳感を感じるもんでしょ?
大手を振って買える人なんて限られるって。

裾野広げるならハリウッド目指したほうが良くね?
超絶モデラーに作らせたキットでCMや動画作って流したほうが宣伝になるんじゃね?

トワイライトアクシズも短編でガッカリだよ。
ケチるなよ。映像で稼ぐ気なら、ちゃんと作れ。
映像で稼がないなら、きちんとキット買う動機になるもん作れ。

とまあ、あくまでこれはオレの意見。

最近のバンダイとサンライズ様のご意向は、オレのニーズとはかけ離れてるんですわ。
あー、すっきり。

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HGUC ブルーディスティニー1号機







HGUC RGM-79[G] "GM GROUND TYPE" [04]

HGUC 陸戦型ジムの製作作業です。

20170706rgm79g01

作業内容は以下
・関節以外のパーツにグレーサフ、ホワイトサフ塗布
・本体部にセールカラー塗布
・胸部、スリッパにオレンジ+ファンデーションホワイト塗布
・関節部にメカサフヘヴィ塗布
・ネットガン本体部にCG23塗布
・胸部▽部をセールカラーで細部塗装
・胸部▽部中央をダークグレイで細部塗装
・胸部ダクト内部、装甲裏等をダークグレイで細部塗装
・バーニア内部をフラットレッドにて細部塗装
・カメラ内部をアルミシルバーにて細部塗装
・各部をダークブラウン、ジャーマングレイにてスミイレ

スミイレはディテールの掘り込み直しをした分、キレイに出来たなー。
セールカラーとかタンとかって隠ぺい力が高くてホント、好きな色。
塗ってて楽しくなるよねー。

あとはデカール+トップコートで完成だー。
銃口にメタルパーツ貼り付けよー。

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→


HGUC 陸戦型ジム






HGUC RGM-79C "GM TYPE C" [01]

HGUC ジム改の製作作業です。

20170706rgm79c01

作業内容は以下
・切り出し⇒大まかな表面処理⇒仮組
・合わせ目接着
・パネルライン処理、後ハメ加工
・首のダボ切りにて首の二重関節化
・腕、胴体、腰アーマー等にスジ彫り、ディテール追加
・各部表面処理、シャープ化

陸ジム塗装の合間にジム改の製作を開始。
ディテールアップもそこそこ施す。

ゴリラ体型とかコレジャナイとか、結構ボロクソ言われているけど、モデラーならいぢれば良いのだよ、シャア。

そりゃパワードジムから設計したらそーなるわってレベルだし。
とは言ってもオレはそんなに気にならないレベルだしねー。

手首が沢山付いてて嬉しい仕様のキットなんだけどな。
つことで陸ジムと一緒のロールアウトを目指します。


読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HGUC ジム改







« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »

Twitter