2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016/12/31

HGUC MS-14J "REGELGU" [04]

HGUC リゲルグの製作作業です。

20161231ms14j02
作業内容は以下
・手首各部にニュートラルグレー塗布
・関節部をライトグレイにて細部塗装
・足裏をミディアムグレイ、ライトグレイ
・バインダー裏をジャーマングレイにて細部塗装
・その他各部をミディアムグレイ、ジャーマングレイにて細部塗装

今年最後の製作作業でした。
厄年らしく、とにかく邪魔される一年だったなーと。

とは言え、出来ないなりにソコソコ頑張ったかなと。
来年は沢山、製作&完成できますよーに。

良いお年を!

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HGUC リゲルグ







2016/12/30

HGUC MS-14J "REGELGU" [03]

HGUC リゲルグの製作作業です。

20161230ms14j01

作業内容は以下
・頭部、腕、足、タンクにシナンジュレッドを塗布
・胴体、バックパック、スリッパ、サーベル柄にジャーマングレー塗布
・関節フレームにニュートラルグレー塗布
・スラスターに黒金色塗布
・コクピットハッチをパークグリーンで塗装

基本塗装完了!
何とかリゲルグは年内に完成させられそうだ!
バウまでは行けないなー。まー、仕方ない。

でだ、塗装、説明書には「マルーン」って書いてあるけど、マルーンじゃ、下地を白にしても説明書やTVの色には絶対にならないから!
そんなオイラの味方はシナンジュレッド!オレンジとレッドの微妙な中間色。朱色っつーのか。
まー、難しい色だよね。

さ、完成まで頑張ろう!

HGUC リゲルグ






2016/12/29

HGUC MS-14J "REGELGU" [02]

HGUC リゲルグの製作作業です。

20161229ms14j01

製作作業は以下
・首の長さの再調整(切断、再接着)
・下アーマーの再表面処理⇒接着
・頭部、アンテナの再整形⇒再表面処理
・各パーツの接着⇒再表面処理
・各パーツにグレーサフ塗布

ウイングバインダー内のバーニアも目処がついたし、
あとは塗装⇒仕上げと頑張るだけだ!
マジで頑張ろう!今夜!

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HGUC リゲルグ






EB-06rs "GRAZE RITTER" [03]

HG IBO グレイズリッターの製作作業です。

20161229eb06rs01

作業内容は以下
・各部細部塗装
・各部スミイレ
・デカール貼り付け
・艶消しトップコート&フラットベース塗布

グレイズリッター・マクギリス機完成しました!
モデグラの鉄血デカールは良い!
製作記事が読めて、デカールも買えてだもんね。

役付き相手だと、かませ犬で終わってるけど、地球での雑魚無双が見せ場としてあったから良いか。
キットはもちろんカッコいいので大満足。
ファリド家の紋章と、まさに騎士なアーマーのマッチングがたまらん。

プレバンのナイトブレード付かない仕様には負けないぜー。

こいつが年内最後の完成にならんように頑張ろう!

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HG IBO グレイズリッター







HGUC AMX-011S "ZAKU-III CUSTOM" [11]

HGUC ザクIII改の製作作業です。

20161229amx011s01

作業内容は以下
・各部の細部塗装
・各部のスミイレ
・デカール貼り付け
・艶消しトップコート&フラットベースを塗布
・ライフルセンサーにラピーテープ貼り付け

ザクIII改完成!

大分前に完成していたのだけど、記事UPが色々とありこんな時期に。
ケースに安置され続けることホボ2か月。
リゲルグも目処がついたので、仕掛かりをなるべく完成させて新年を迎えよう計画。

造形的には何の問題もない良キット。
流行りに合わせて関節やディテールをソコソコUPDATEすれば十二分に一線級なんだなー。
旧キットもそうだけど、個々のパーツの設計、造形は凄いんだなー。

つことでモデラー的には、いぢりがいのある楽しいキットでした。
マシュマー!安らかに眠れ!

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→







2016/12/26

EB-06rs "GRAZE RITTER" [02]

HG IBO グレイズリッターの製作作業です。

20161219eb06rs01

作業内容は以下
・後ハメ加工、パネルライン処理
・各パーツの表面処理
・ヘルメット、トサカ、両肩シールドにホワイトサフ塗布
・ヘルメット、トサカ、両肩シールドにイエロー+フラットベース塗布
・各部マスキング⇒グレーサフ塗布
・フレーム部にライトグレー塗布
・装甲ブラック部にジャーマングレー塗布
・残り各装甲にMSライトブルー+ファンデーションホワイトを塗布
・ナイトブレードにガイア・スターブライトシルバーを塗布
・ナイトブレード鍔にメタルカラー・ゴールド塗布
・ナイトブレード柄をジャーマングレーにて細部塗装
・各部をジャーマングレー、ライトグレーにて細部塗装
・刺し色に胸部をオレンジ、ライトグリーンにて細部塗装

鉄血盛り上がってるのに何をやってるんだオレ!という感じで、今年もあと数日。
仕掛かり中のキットは死んでも完成させる気概で頑張ろう。

マッキーは、グレイズリッターでも頑張るんだろうって思っていたのだけど、思ったほど活躍せず。
まあ、中途半端な製品仕様(ナイトブレードが一振りのみ)のプレバンより良いだろうってことで、
モデグラのデカール貼って完成させます!

ランドマンロディの足とか、バージョンアップパーツがオプションで出るなんて、バンダイ頑張ってるよね!!
ま、その分、ヨドバシの割引率の低下とか、締めるとか締めてるけど。

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→

HG IBO グレイズリッター







鉄血のオルフェンズ 第38話 感想

シビれたよバルバトス!痛々しいよ三日月!な38話。

MAも圧倒的だったが、それと戦う本気のバルバトスにシビれた戦闘シーン。
で、案の定、右半身もってかれた。
触れられないけど、この症状って治せないもんなんかねー。
ホントに痛々しい。

イオク様が怒られるとこで、ちょっと気が晴れた。
ジュリエッタも色々と危ないよねー。

アトラのクーデリアに子作り依頼は、これって境遇に関する重い設定な言葉だよね。
今回は心に痛い話ばかりだ。

マッキーがシャア的な独白始めるし、バエル出てくるし、どうなる鉄血!

オルガは逃げられん。
三日月がいる限り逃げられん。

三日月さんはホント、今までにないガンダム主人公。

戦闘はカッコイイし、ヤクザ展開も野望に燃えるマッキーも良いんだが、
主人公を半身不随に追い込んで何を視聴者に伝えたいだ?というのは常にある。
右目、右手だけでも十二分に痛々しいのに、
最早、介護なしでは通常生活不可能ってことでしょ。

で、CMの「人生をガンダムに!」は、ちょっと気をつけたほうが良いと思った次第。

鉄華団のようにブレーキなしは困りますよ、製作陣。

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→






鉄血のオルフェンズ 第37話 感想

ギャラクシーキャノンで盛大に吹いた37話。

悉く邪魔するイオク様に対し、ハシュマル!プチっとやってくれ!と願った視聴者は多かったはず。

鼻血ブーで倒れるグシオンと止まるバルバトスにもビビった。
リーゼント、そこまで分析できるなら、情報量制御できるフロー組めよ。

チャドさんの戦闘にもハラハラ。
何っつても棺桶だからね、そのMS。
チャドさんも強かっただなーって感心もしたり。

してギャラクシーキャノンで笑う。
シノはホント、良い性格してる。
陰を感じさせない貴重な人物。

ヴィダールは宣戦布告だけして退散とは面白い。

で、やはり圧倒的なハシュマル。
まさか、マッキーが手も足も出ないとは。
グレイズリッターが弱過ぎるっても、マッキーなら、もうチョイ出来るでしょ?と思わないでもなかった。

石動。せっかくのヴァルキュリアフレームが泣いてるぞ!
ガンダムフレームと並び立つくらいの名機なのに!

で、ついに本気出すバルバトス。
ついに赤眼ですよ!!!

ま、三日月の身体にダメージがいくのは予想が付くんですけどね。

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→







鉄血のオルフェンズ 第36話 感想

誰しもがジュリエッタの気分を味わった36話。

すげー噛ませ犬っぷり前回のイオク様だが、
MAハシュマル&子機のプルーマはヤバイ。

人狙いはF91のバグに通じる。
バグはマジでヤバイ、戦争に無人機はホントにヤバイと嫌でも理解したからなー。

で自立兵器で且つ、補給、補修もできるって鬼仕様だな。
そりゃ月も欠けますわ。

しかも、しつこいイオク。

ライドマジで死んだと思ったが、ビーム兵器無効ってそーいうことか。
にしても民間の被害は甚大。
めっちゃ恐ろしい自立兵器だわ。

そしてフラグ潰しのバルバトス。
大抵のガンダムはフラグは潰せないんだが、バルバトスと三日月は鳥肌立つくらいフラグ潰してくれるし、その時の煽り姿が何より素晴らしい。

何リオ仮面がマッキーと遭遇。
早く合流して欲しいんだから、とりあえず邪魔はやめてけれ。

まあ、見事な噛ませ演出でMAに戦慄したぜ。

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→







鉄血のオルフェンズ 第35話 感想

MA起動やべーな35話。

冒頭からロシアンマフィアうぜー。
テメーの利権が侵されたわけでもねーのに足引っ張っても何のメリットもねーことに気付け。
と、ついつい現実世界に重ねて反応してしまうわ。

フラウロス⇒流星号。
これでシノの死亡率が格段に下がったと思いたい。
1期はホント死んだと思ったからね。
死亡フラグな台詞も多いし。

MAはヤバイものらしくて、ワクワクする展開。
マッキーも火星入りってどんだけスゲーんだか。

イオクは喋るたびにウザさが増してくる。
ガリガリ君は清涼感溢れていたのに。
名家生まれでも、教育と周囲の人で差が出るのだねぇ。

プルーマの起動で大惨事ですか。
まー、これで恐怖をまず煽って頂かないと盛り上がらん。

危険や超過労働に正当な対価を払う鉄華団。
しかも上層部こそが、真っ先に泥をかぶってくれるという超優良ホワイト企業。

識字率という問題が身近になさ過ぎる日本で育ったオレらには、
文字が読めないという致命的なことに対する実感がない。
もう何から何まで不便だろうね。

貯金とかお金の使い方とか、ホントさ、普通の発想がないところに悲劇を感じるよね。

つーか、MA見るのに何でみな丸腰かと思ったらそーいうことですか。
MAに関する煽りが凄い。ワクワクしてくる。

で噛ませ犬登場でMA起動!!

いや、マジでワクワクする。
どんだけスゲーんだ?!

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→






鉄血のオルフェンズ 第34話 感想

ヴィダールの顔見世な34話。

舎弟化、完了なハッシュ。
陰な砲口にならずに良かったよ。
人間、こうじゃないと成長はないよね。

サクラちゃん久々登場。
三日月がまともに会話する数少ない人。
そーいや、オルフェンズって、あんまり教訓めいたこという大人たちが出て来ないね。
UCだと少年たちを支える大人が必ずいるけどさ。


何リオ仮面、寡黙だったのは最初だけで、猿女といるときは良くしゃべってんじゃん。
猿女も懐いてるしー。

ランドマンロディは、スペースデブリ組専従か。
まあ、丈夫な機体だし、頑張って生き残って欲しいよ。

マンロディの存在感増したよなー。
プラモを出し捨てにしない演出は素晴らしい。

つーか、鉄華団の機体全般、パイロット生存性をとにかく追求して欲しいよね。
CGSとはそこが違うって明確にやってくんないと家族だなんだって説得力ねーぞと。

とは言え、ユージンとか、№2以下の実務レベルの指揮者はレベル上がったよねー。
地位と自覚が成長を促すってことだな。

王の玉座って、オルガも乗るんかい!
ユニコーンかよって突っ込み多数でwwww

テイワズにてフラウロス稼動。
モビルワーカーもどきは虫系で気持ち悪いね。

テイワズの№2のロシアンマフィアもどきはヤクザ臭が酷い。
正面からやったら、もう鉄華団には勝てねーべよ。

名瀬団長、オルガ副団長のほうが余程回ると思うんだけどねー。
ヤクザは暗殺があるから怖いよ。
オルガはホント、背中に気をつけたほうが良い。

メリビットさんはオルガルートじゃなくて、おやっさんルートだったんだねぇ。
オルガはますます孤独路線だなぁ。
三日月以上に救いがない。

して待ちに待ったヴィダールの初陣。

ちゃんとプラモ売れそうな戦闘シーンで一安心。
戦い方が騎士道精神溢れてて顔バレ同然。

ヴィダールって名乗ってるけど、ちゃんとキマリスだって後々明かすのかねー。
それ以上にアインシステムが発動したら、どうEXAMになるんだ?

で、アルミリアといちゃついて、全部持ってくマッキー。
そりゃ批判、誹謗中傷もされますわ。

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→







鉄血のオルフェンズ 第33話 感想

クーデリア先生!な第33話。

タカキくん離脱かー。
まー、平和に暮らすにはそれしかないよね。

クーデリア先生に後押ししてもらって良かったじゃないか。

三日月さんは厳しいからね。
厳しさに耐えうるには個人の性根に確固たる芯がないとね。

アインが生体CPUとして残っているのは、やっぱり戦慄だなぁー。
甘ちゃんなガリガリ君、立場的にはアウトローなんだけど、清廉さはそのままなのが良いねー。

安定のトドと最早必要性が感じられないチョコレート仮面。

にしてもマッキー、悪役王道行くかと思ったら、むしろ導き手だよね。

目標や目的はあるけど、野望ではないよなー。
利己的なものが感じられん。

火星の王ってのも、マッキーが描く壮大なファンタジー童話の演者なんでしょーね。

何リオ仮面は、忠実系に懐かれるなー。
本人の人徳もあるんだろうけど、単なる復讐の権化とかで終わって欲しくないねぇ。
ヴィダールの中のアイン、どういった感じ出てくるんだべか。

三日月、マッキー、ガリガリ君、3者で討ちあうんではなくて、共闘を期待しているよ。
ま、期待薄だけど。

つーか、2期のクーデリアは添え物だなぁー。
キャラの行動が本筋には関わらないもんねー。
関わっても、三日月たちのハンデにしかならんもんなぁ。

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→






« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

Twitter