« 鉄血のオルフェンズ 第33話 感想 | トップページ | 鉄血のオルフェンズ 第35話 感想 »

2016/12/26

鉄血のオルフェンズ 第34話 感想

ヴィダールの顔見世な34話。

舎弟化、完了なハッシュ。
陰な砲口にならずに良かったよ。
人間、こうじゃないと成長はないよね。

サクラちゃん久々登場。
三日月がまともに会話する数少ない人。
そーいや、オルフェンズって、あんまり教訓めいたこという大人たちが出て来ないね。
UCだと少年たちを支える大人が必ずいるけどさ。


何リオ仮面、寡黙だったのは最初だけで、猿女といるときは良くしゃべってんじゃん。
猿女も懐いてるしー。

ランドマンロディは、スペースデブリ組専従か。
まあ、丈夫な機体だし、頑張って生き残って欲しいよ。

マンロディの存在感増したよなー。
プラモを出し捨てにしない演出は素晴らしい。

つーか、鉄華団の機体全般、パイロット生存性をとにかく追求して欲しいよね。
CGSとはそこが違うって明確にやってくんないと家族だなんだって説得力ねーぞと。

とは言え、ユージンとか、№2以下の実務レベルの指揮者はレベル上がったよねー。
地位と自覚が成長を促すってことだな。

王の玉座って、オルガも乗るんかい!
ユニコーンかよって突っ込み多数でwwww

テイワズにてフラウロス稼動。
モビルワーカーもどきは虫系で気持ち悪いね。

テイワズの№2のロシアンマフィアもどきはヤクザ臭が酷い。
正面からやったら、もう鉄華団には勝てねーべよ。

名瀬団長、オルガ副団長のほうが余程回ると思うんだけどねー。
ヤクザは暗殺があるから怖いよ。
オルガはホント、背中に気をつけたほうが良い。

メリビットさんはオルガルートじゃなくて、おやっさんルートだったんだねぇ。
オルガはますます孤独路線だなぁ。
三日月以上に救いがない。

して待ちに待ったヴィダールの初陣。

ちゃんとプラモ売れそうな戦闘シーンで一安心。
戦い方が騎士道精神溢れてて顔バレ同然。

ヴィダールって名乗ってるけど、ちゃんとキマリスだって後々明かすのかねー。
それ以上にアインシステムが発動したら、どうEXAMになるんだ?

で、アルミリアといちゃついて、全部持ってくマッキー。
そりゃ批判、誹謗中傷もされますわ。

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→







« 鉄血のオルフェンズ 第33話 感想 | トップページ | 鉄血のオルフェンズ 第35話 感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16595/64677932

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄血のオルフェンズ 第34話 感想:

« 鉄血のオルフェンズ 第33話 感想 | トップページ | 鉄血のオルフェンズ 第35話 感想 »

  • 20171102rgmgm79a21
  • 20171102rgmgm79a20
  • 20171102rgmgm79a09
  • 20171102rgmgm79a06
  • 20171102rgmgm79a02
  • 20171102rgmgm79a01
  • 20171102rgmgm79a00
  • 20171030rgmgm79a04
  • 20171030rgmgm79a03
  • 20171030lm312v04_01
  • 20171023rgmgm79a03
  • 20171023rgmgm79a02

AUCTIONS


Twitter