« HGFC GF13-017NJ II "GOD GUNDAM" [05] | トップページ | 夜を守る »

2010/06/01

サッカーW杯日本代表、スタートラインに戻ったイングランド戦

サッカーW杯日本代表、スタートラインに戻ったイングランド戦

ちょっと出遅れましたが、せっかくなのでイングランド戦を振り返る。

英断の3ボランチ。
しかも阿部も起用。
パスカット、ルーズボールを拾った後の展開が速い。
これで序盤はイングランドの中盤を圧倒。

中盤のカバーエリアも明確だし、前線が下がる原因とならずで良かった。
ジェラードやコールがいなかった序盤とはいえ、これは褒められる。

トゥーリオの得点はフットサル的なCKで良かった。
長身を狙うのはバレバレなんだから、これしかないよね。

二段階で落として撃たせるのも良いと思うよ。

走れる間は対等に戦えるのはわかったので、
ペースダウンの時間帯を作る必要があるのは相変わらず課題。
息切れする中盤のために憲剛、稲本は残り20分で入れるべきじゃなかったの?

それはさておき、ファイトの姿勢が見える、長谷部、大久保は良かった。
結局、吼える奴が一人中盤にいないとダメなんだよ!
まあ、大久保は体力持たないけどね。

攻撃は良くは見えたが、本田を上手に使えない。
本田のサイドが基本的に専守防衛の今野だったのも痛い。

岡崎はスピードがあるが、ポイントにはならないので、本田が活かされない。
本田のカバーも長谷部のみでは意味がない。
そりゃ囲まれて潰されるよ。

これが仮にベストコンディションの俊輔でも一緒。
身体を張れない分、もっと悪い結果になるだろう。

ファウルが取れるか、ポストのできる人間がやはり必要だ。
森本が出たことで安定するのだけど、やはり最初から使って欲しい。
FWに守備をさせるのはナンセンス。つーか無駄。

結局、最後までどういう形でシュートを撃たせるかまで至ってないまま。
クロスをシュートするでもなく、がんがん撃って詰めるでもなく、パスで寄せてフリーで撃たすでもなく。
何がしたいの?

裏にぽっかりスペースで、そこにパスなんてW杯であり得ないから…。

GKの川島は楢崎、川口後の守護神が安泰であることを示して良かった。
ちなみに本田のハンドは、ハンドがなければ直接入る最悪のケースだったので、逆に本田に感謝だろ。
PK止めた川島は普通にスゲーが。www

失点シーンを振り返ると、ともに高速クロスを防げず。
コースを切ってない、遅らせる守備とカバーリングの約束事が守られてなかったから、あのクロスがきたという感じ。
日本もどんどん、ああいう高速クロスを入れてくべきなんだよね。
零れ球が一番、得点を生み易いんだし。

久々に何かが起こりそうで面白かった日本代表でしたが、
結局、オシムから引き継いだ直後に戻った感じ終了。
オシムのチームから大事なところを取った感じだ。wwww
個人的にオシム時代のスイス戦のスタメンに近い形を希望したいのだがねぇ。

まあ、正直、ボロ負けでオシムにしてくれたほうが良かったんだけどさ。

まあ何はともあれ、ピッチに立つ選手が自分たちで自分たちのサッカーを構築して欲しい。
クソみたいな監督の言われるままに貴重な機会を無駄に過ごすのだけは避けて欲しい。
選手たちがガツガツ言い合ってこそ、真のチームだと思うんだよね。

ちょっと良く見えたイングランド戦だけど、
最後のコートジボアール戦で、もっと希望を見せて欲しい!

選手は、もっともっと全面的に闘志を出してピッチで戦うべきだ!!

読後のクリックを宜しくお願いします!!(特に友人、知人は!)→


« HGFC GF13-017NJ II "GOD GUNDAM" [05] | トップページ | 夜を守る »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16595/48514386

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーW杯日本代表、スタートラインに戻ったイングランド戦:

« HGFC GF13-017NJ II "GOD GUNDAM" [05] | トップページ | 夜を守る »

  • Rx79bd1_00
  • Rx79bd1_05
  • Rx79bd1_02
  • Rx79bd1_01
  • Rx79bd1_12
  • Rx79bd1_17
  • Rx79bd1_13
  • Rgm89_25
  • Rgm89_00
  • Rgm89_22
  • Rgm89_15
  • Rgm89_07

AUCTIONS


Twitter