2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

« 月刊Hobby JAPAN 4月号 | トップページ | 機動戦士ガンダム00(ダブル・オー)の20話の感想です。 »

2008/02/24

サッカー日本代表・東アジア選手権 対韓国戦 1-1のドローも終始クソ采配を見せつけられイライラ

1-1ドロー。
得点はセットプレーの幸運なシュートのみ。

こんなドローは全く意味がない。

読後のクリックを宜しくお願いします!!→



ボールは奪えず、崩すことが完全にできなくなってしまった。
失点も例の如く右サイド。(ヘタレ内田とマークを外す今野だ)
シュート撃てないヘタレが切れ込んでも意味ねーよ。

しかも一番ゲームを組立、チャンスを作り、決定的なシュートを放つ中村憲剛を下げる。
矢野を全く無視。
加地さんは左サイド。
守備開始ラインは下がる一方。
ボール回しは各駅停車。

基幹メンバー変わらんのにやるサッカーがここまで違うのは指揮官の資質の問題だろ?
横パスで振って、空いたら縦に入れてって何でできなくなっちゃったの?

W杯予選は負けたら最後でるけど、こんなんで評価するマスコミとサッカー協会の存在価値って何ですか?

嘘つきT○Sの実況は最低。
サッカーはNHKのBSでいいよ。

読後のクリックを宜しくお願いします!!→

« 月刊Hobby JAPAN 4月号 | トップページ | 機動戦士ガンダム00(ダブル・オー)の20話の感想です。 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月刊Hobby JAPAN 4月号 | トップページ | 機動戦士ガンダム00(ダブル・オー)の20話の感想です。 »

Twitter