« 釜庄 バケツプリン | トップページ | MG νガンダム メタリックコーティングVer 製品画像 »

2008/01/31

サッカー日本代表、ボスニア戦は3-0快勝、オシムの形を思い出したようで一安心

3-0の快勝。
わざわざ競技場まで観に行ったかいがあったというもの。

読後のクリックを宜しくお願いします!!→

残念ながら、ボスニアは調整不足らしく、動きに精彩を欠き、本来の強さは見られなかった。
対して日本代表はオシム観戦ということもあり、本来のあるべき姿を取り戻していた。
前回と違うのは中村憲剛が下がり、啓太とのダブルボランチとなり、縦パスの供給及び、サイドチェンジ、そして飛び出し役を担っていたこと。
これがあるのとないのとでは、パスの周りが全然違う。
憲剛が啓太だけでは抑えきれないゾーンをカバーするというだけで、かなりの安定度。
これはもう替えられない形だと思う。憲剛が阿部や今野になったとしてもだ。

攻撃陣では巻が一番ポストを献身的にこなし、つぶれ役となっていたのだが負傷交代。
この負傷交代がなければFWの得点も期待できたのだが、、、。
高原は相変わらず動きが悪い。動きが悪いのに使ってもらえると思っているのがオカシイ。
ブンデスでもそれで干されたのに…。
コンディションを整えずに苦しむのは味方なんだぞと。

つことで結局、FWは得点しないままMF、セットプレイでの3得点。
1点目は大事な点だった。どんな試合でもこういう取りかたが理想的である。
2点目以降は相手の中盤がルーズ過ぎたなぁと。
まあ、機を逃さなかった山瀬が良かったねと。

気になった点は、やはり内田のチキンっぷり。
あれを撃たないなら、どの場面でも撃てない。
零れ球を詰めるつもりが、パスを受けるハメになった大久保の呆れ顔が印象的。
加地さんと違い、ドリブル勝負でサイドを抉るということができないらしく、内に逃げ入るしかできない。
加地さんと違って内に切れ込むというタイプではなく、マジで勝負できない模様。
1or1で、後ろに広大なスペース、味方はまだ追いつかないなら、まず縦勝負だと思うのはオレだけか?スピードが自慢なんだろう?
このままW杯予選でも岡田が内田を使い続けたら、おかしなことになってくると思う。
あくまでサブのテストという意味合いでないと。

つことでW杯予選メンバー構成が非常に気になる。

巻の怪我も心配。
力強いというか、潰されような何しようが突っ込むFWは絶対に必要。

まあ、何はともあれ岡田の呪縛から解き放たれていたようで、この試合は満足。
ちょっと明るい展望が見えてきたかもね。

オシムのベースはこれからも失わないで欲しい。
このベースさえあれば、松井と俊輔が生きるはずなんだよね。
あとは地蔵FWが脱地蔵してくれれば良いのだが・・・。
下手すりゃレッズでもこのまま地蔵路線っぽくね?

まあ、寒空の中、ゲーム内容には満足。
お陰で風邪をぶり返した感じだけど…。(苦笑)

オシム親子のアドバイザー入りを切に願いたいところ…。
いや、むしろ技術委に…。
サッカー協会に国際化を!

読後のクリックを宜しくお願いします!!→


« 釜庄 バケツプリン | トップページ | MG νガンダム メタリックコーティングVer 製品画像 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16595/17916531

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー日本代表、ボスニア戦は3-0快勝、オシムの形を思い出したようで一安心:

« 釜庄 バケツプリン | トップページ | MG νガンダム メタリックコーティングVer 製品画像 »

  • Rx79bd1_00
  • Rx79bd1_05
  • Rx79bd1_02
  • Rx79bd1_01
  • Rx79bd1_12
  • Rx79bd1_17
  • Rx79bd1_13
  • Rgm89_25
  • Rgm89_00
  • Rgm89_22
  • Rgm89_15
  • Rgm89_07

AUCTIONS


Twitter