« HGUC RX-79BD-1 "BLUE DESTINY UNIT 1" [04] | トップページ | HGUC RX-79BD-1 "BLUE DESTINY UNIT 1" [05] »

2007/08/22

サッカー日本代表、カメルーンにまさかの勝利、U22はベトナムに辛勝

A代表はカメルーン相手にまさかの勝利。
U22はベトナムに辛勝。

A代表は前半は良かった。
ドリブルが得意であり、シュートを撃つ意識が高い、大久保と田中達也が入ったことによって、かなり機能したと言える攻撃陣。
やはりドリブルで勝負できる選手がいることは大きい。
まあ何より大久保も田中達也も闘争心の高い選手なので、それがとてもよい。
前田さんは確かに上手いが、まだまだ怖くない。
つーか、体力あんましねーべ。
これなら当たり負けせず、ヘッドや零れ球を詰めれて且つ守備もできる巻のほうが良い気がする。

守備はトゥーリオが入ったことによってガラリと変わった。
中沢が吊り出されても、もう1枚高いのが残ってるのがいるのは大きい。
しかも攻撃も得意ときた。
中沢もトゥーリォも得点力、足技ともに高いのが良いね。

逆に1枚上に上がった阿部だが、鈴木とともに組む中盤の底は安定感はあるが、攻撃に関してはワンテンポ遅れる感があるなぁ。
まあ憲剛とどっち?というと微妙な差だ。対戦相手、フォーメーション次第なんだろう。
加地さんが久々にキレキレの突破を見せてくれて一安心。

で、問題は交代選手。
佐藤寿人、高松は全く使えない。
守備はしねーし、パスはつなげないし、ボールキープできないし。
山瀬は頑張っていたが、パスが廻らない状況で出されてかわいそうな感じだった。
フォローねーから奪われること多いし。
それでもミドルを叩き込んだことで生き残ったか?

憲剛も不運。
変わって入ったは良いが、パスの出し先がなく大変そうだった。
これでダメだといわれるのはかわいそう。

まあコンディション不良のカメルーンとは言え、かなり善戦したと言えるのではないだろうか。
ベストコンディションの相手ならば、きっと負けていただろうけど。(苦笑)

で、なぜか同日開催で迷惑極まりないU22。
とても五輪最終予選とは思えないノリ。

どこまで行っても監督の反町は全てを選手の所為にする。
相手を崩してないのに崩したって言えるの恥ずかしくない?

せっかく平山と李がいるんだから、奴らにしっかりポストさせて、ポイント作って落とさせて、後ろの梶山や本田にきちんと撃たせろと。

かわいそうに選手たちはクソ監督の戦術に従って、何人もDFがいるところにクロスを上げ、FWは何人ものDFに挟まれながら枠を狙わせられる。
そんな確率の低い戦術をやるくらいなら、きちんと基本的なポストからの攻撃をやるべきだ。
近い位置でコンパクトにやれよな。

« HGUC RX-79BD-1 "BLUE DESTINY UNIT 1" [04] | トップページ | HGUC RX-79BD-1 "BLUE DESTINY UNIT 1" [05] »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16595/16210112

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー日本代表、カメルーンにまさかの勝利、U22はベトナムに辛勝:

« HGUC RX-79BD-1 "BLUE DESTINY UNIT 1" [04] | トップページ | HGUC RX-79BD-1 "BLUE DESTINY UNIT 1" [05] »

  • Rx79bd1_00
  • Rx79bd1_05
  • Rx79bd1_02
  • Rx79bd1_01
  • Rx79bd1_12
  • Rx79bd1_17
  • Rx79bd1_13
  • Rgm89_25
  • Rgm89_00
  • Rgm89_22
  • Rgm89_15
  • Rgm89_07

AUCTIONS


Twitter