« MG RX-178 "GUNDAM Mk-2" Ver.2.0 [11] | トップページ | HGUC RX-78GP02A [05] »

2006/09/07

サッカー日本代表のイエメン戦にイライラするも最後は安堵する

ロスタイムに何とか得点し、1-0で勝利!

イライラした試合。

とにかくミドルレンジでシュートを撃てる場面で撃ちに行かない、撃たないのは問題だ。
特に遠藤はどうしようもないくらい撃たない。

まあ吹かすのは問題外だが。
撃たなきゃ詰めることもできない(巻が活きない)

次にアレックスと遠藤はなぜパスコースを探すときに、その場に止まってしまうのか?
これでは一般人のFUTSALや草サッカーと変わらないではないかと思う。

それでも終盤はオシム・サッカーらしく後ろから追い越してきてシュート、かわして縦パス、ないしはシュートができたと思う。
鈴木啓太と坪井!?が良かったと思われる。

加地さんへのサポートが少ないのはKINGだからなのか?(苦笑)

さすがに今回はパワープレイができて良かった。
これも坪井!?のアシスト。
キミは足が攣らずにインサイドのパスがへにゃらなければ、後は安心してみていられるのだが…。

でパワープレイについてでが、単純で通用しないと思っている人もいるが、実際、零れ球を拾う気が周囲にあり、ガッツリ当たって取れるような人の密度が取れるならば是ほど効率的な攻めはない。
実際にやってみれば、面白いように点が取れる。
ま、奪えないとカウンターのリスクを伴うわけだがね…。

殊勲の我那覇はらしいシュート。
こうやって冷静に流し込んで決められるのは無傷の久保くらいだったような。

にしても中盤は問題は。
遠藤やアレックスのクオリィティを山瀬、長谷部、大悟は越えられないのだろうか?

« MG RX-178 "GUNDAM Mk-2" Ver.2.0 [11] | トップページ | HGUC RX-78GP02A [05] »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16595/11795855

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー日本代表のイエメン戦にイライラするも最後は安堵する:

« MG RX-178 "GUNDAM Mk-2" Ver.2.0 [11] | トップページ | HGUC RX-78GP02A [05] »

  • Rx79bd1_00
  • Rx79bd1_05
  • Rx79bd1_02
  • Rx79bd1_01
  • Rx79bd1_12
  • Rx79bd1_17
  • Rx79bd1_13
  • Rgm89_25
  • Rgm89_00
  • Rgm89_22
  • Rgm89_15
  • Rgm89_07

AUCTIONS


Twitter