2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

« 「GUNDUM EVOLVE../Ω」- 3機のZ - | トップページ | フィーゴが絶好調のポルトガル、イタリアどうした? »

2006/06/17

アルゼンチンの破壊力に鳥肌、無念のコートジボワール

アルゼンチンのどれをとっても素晴らしい6得点でセルビアモンテネグロの最初で最後のW杯は終わった。

最初の1点目から圧巻。
あれほど相手のタイミングを外したパスと走りこみ→フィニッシュ!
二点目も廻しに廻して、最後は裏に落として、走りこみ→フィニッシュ!
もう溜息ものですよ。

つーのも、やっぱりFWの強さ、キープ力だよね。

テベス、メッシも素晴らしい能力を発揮しての得点。

ああ、羨ましい!素晴らしい!

リケルメを弱点という人は多いけど、後ろでゆったりとしたタメと、マークをゆらりと剥がす待ちのプレイが彼の持ち味であり、だからこそ、サビオラやテベス、メッシと言ったとにかく動いて稼ぐ選手を入れているのでしょう。
緩急、とてもバランスがとれているチームなのよねん。

さて、このままアルゼンチンは突っ走れるのか?

続いてオランダ-コートジボワール。
んー、オランダ、やっぱりあまり調子良くない気がする攻撃陣。
点は取ってるけどね。
これでロッベンが潰されたり、抑えられたりしたら突破口はあるのか?

コートジボワールはアフリカらしからぬ、高度なサッカーをするんで大好きだったのだが、如何せん経験の差か、相手が悪すぎたのか予選リーグ敗退。

ドログバは最終戦は出場停止ということで彼のW杯は終わってしまった。
んー、綺麗なサッカーしてたんだけどな。残念!

« 「GUNDUM EVOLVE../Ω」- 3機のZ - | トップページ | フィーゴが絶好調のポルトガル、イタリアどうした? »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチンの破壊力に鳥肌、無念のコートジボワール:

« 「GUNDUM EVOLVE../Ω」- 3機のZ - | トップページ | フィーゴが絶好調のポルトガル、イタリアどうした? »

Twitter